東京・横浜のリノベーションならエココ コラム 住み心地を決める!マンションのリビングリノベーションのポイント

リノベーションコラム

住み心地を決める!マンションのリビングリノベーションのポイント

住み心地を決める!マンションのリビングリノベーションのポイント

眠っている時間を除けば、家にいる時間のほとんどをリビングで過ごす方も少なくありません。機能性やデザイン性にこだわってリビングをリノベーションすることで、家全体の満足度が向上します。今回は、マンションのリビングリノベーションを成功させるためのポイントをご紹介します。
目次

開放的な間取りを実現できるスケルトンリノベーションがおすすめ!

ある程度築年数の経過したマンションでは、空間を細かく区切って居室としているところも少なくありません。ただ、近年は十分な居室の広さを確保した後、多くの時間を過ごすリビングを開放的な間取りにするリノベーションが人気です。リビングからダイニング、キッチンまでをひとつながりの空間にすることで、家族とコミュニケーションを取りやすくなります。 エココでは、開放的なリビングを実現するスケルトンリノベーションを手がけています。条件は良いものの不要な間仕切りがあり使いづらい間取りのお部屋でも、区切りを無くしたひとつのハコ(スケルトン)の状態からリノベーションする為、過ごしやすいリビング空間の実現が可能です。 現在住んでいるマンションのリビングにお悩みの場合は、エココへお任せください。

マンションのリビングをリノベーションする際のポイント

限られた空間でリビングを快適にするには、多角的な視点をもつことが大切です。こちらでは、マンションのリビングリノベーションを成功させるためのポイントをご紹介します。

ライフステージの変化を考える

リビングの役割は家族の人数や、お子さんの有無によって変化します。お子さんがいるのであればキッズスペースを設ける必要があるかもしれませんし、大人だけであれば書斎コーナーを設置する方法もあります。 大切なのは、リビングをリノベーションする段階でライフステージの変化を考えることです。現在のみ満足できるリビングにするのではなく、将来にわたって後悔しないレイアウトを意識しましょう。

生活の動線を意識する

家族がリビングを通って各居室へ向かうかどうか、掃除や料理・洗濯といった家事の段取りのしやすさなど、生活の動線を意識してリビングをリノベーションすることでより快適な空間に生まれ変わります。高齢の家族や小さなお子さんのいるご家庭では、バリアフリー性も意識したいところです。

掃除のしやすい素材を選ぶ

リビングは家の中で多くの時間を過ごすスペースでもあり、汚れやすい空間といえます。とくに、小さなお子さんやペットのいるご家庭では顕著です。リビングを床材からリノベーションする場合は、汚れにくく掃除のしやすい素材を選ぶことで、普段の掃除の手間が省けます。

デザインをこだわることも大切

快適なリビングを実現するには、機能面も気になりますが、同時に納得できるデザインを追求することも大切です。イメージ通りのリビングになれば、日々の生活に活力が生まれ、毎日を楽しく過ごせるでしょう。リノベーション会社と相談し、理想のリビングを実現してください。

まとめ

マンションのリビングをリノベーションする場合、戸建てとは異なる注意点も少なくありません。理想の空間を実現するには、マンションを専門で取り扱っているリノベーション会社がおすすめです。専有面積に応じた定額制のスケルトンリノベーションを手がける、横浜エココをご利用ください。
この記事を書いた人
アバター
エココ 遠藤
リノベーションデザイナー
"たくさんお話をすることで、本当に作りたい住まいが見えてくる"をモットーに多数のリノベーションを手掛けてきました。
お客さまの住まいのお悩みを解決します!