東京・横浜のリノベーションならエココ コラム 生活スタイルに寄り添う、多様化していくリフォームの間取りプラン

リノベーションコラム

公開日:2024.07.04

生活スタイルに寄り添う、多様化していくリフォームの間取りプラン

生活スタイルに寄り添う、多様化していくリフォームの間取りプラン

リフォームを検討する時はどんな時でしょうか。

リフォームを検討するタイミングとして、家族構成の変化や生活の変化、環境の変化に合わせて暮らしを整えるという方も多いと思います。
また、リフォームのプランについても、一緒に暮らす人の人数や構成、お仕事環境、それぞれのお家での過ごし方などによっても様々です。

目次

オンリーワンの家づくり

リフォームは新築に比べ暮らしの細かい要望にあわせた家づくりが可能です。
住み慣れた家ではあるけれど、「お子様の成長に合わせて収納を増やしたい」「以前よりリモートワークが増えたからそれに対応できるお部屋が欲しい」「老後の生活に向けて安全性を高めバリアフリー化したい」そんな変化していくライフスタイルに合わせて住まいを調整していく事が、リフォームでは可能です。

中古物件を購入しリフォームしてから住む場合、新築購入よりも物件費用を抑えられ、生活にあった間取りプランを実現しやすくなります。今回はそんなリフォームで叶える間取りプランの作り方について一部ご紹介いたします。

間取りプラン

お客様へ間取りプランをご提案する際に最初に確認することがあります。
それは家族構成と将来的な家族の理想のお家です。

それによって居住スペースの範囲やご要望の暮らし方に合うプランを考えていきます。
他にも、現在の生活に対する不満点や今度の不安要素をお伺いし、課題の解消に努めます。

その中でもお子様の成長に合わせて一部屋増やしたい、というご要望はとても多いです。ですが、間取りの関係で一部屋作ることが難しい場合、空間を曖昧に仕切るというのも一つの方法です。

曖昧に仕切る

室内窓・内窓

リビングの一角などに個室を設けガラスの室内窓を取り付ける。リビングに一角に個室を設けるとどうしても空間が狭くなってしまいますが、ガラスの室内窓を取り付けることで抜け感が出るので圧迫感の軽減になります。また、ガラスの室内窓は個室としてプライバシーを確保しながらも完全に閉すのではなく、風や光を通すことも出来るのでおすすめです。

こういった室内窓、内窓の活用はリフォームで多く採用されているので一度どんな事例があるか 見てみるとイメージもしやすくなると思います。

空間をあけた間仕切り壁

空間の仕切りとして一般的な壁や建具の仕様を工夫することでも空間のあり方を大きく変えることができます。

壁は一般的には天井から床まですべて塞ぐようにたっていますが、天井まで埋めるのではなく上部を少し開けて壁を作ることで採光や換気(冷暖房)、独立しすぎないパーソナルスペースの確保が可能です。こういった壁は小スペースの中でもワークスペースと寝室とを分けることができるため一つの空間の中でもお部屋の使い分けが出来ます。

建具

建具とは住宅の扉のことをいいますが、閉めているときはもちろん空間の仕切りとして、開けているときでもスッキリと収まっていたり、建具の枠の存在感があまりないタイプも各メーカーより多く展開されています。

来客があった時には広いリビングを扉で仕切り生活感を隠したい、または、今は幼いきょうだいで一室を共有するけれどゆくゆくは扉で個室化したい、などその家庭によって「曖昧に仕切る」方法も様々です。

良い間取りプランを作るには

間取り変更を伴うリフォームを行うにあたり、現在のお困り事や悩みごと、理想の暮らし方をどれだけリフォーム会社に共有できるかがポイントの一つになります。

今後、そこでの暮らし方と空間の在り方を照らし合わせて一日のストーリーを描いてみるとイメージが広がりやすいでしょう。

家族で思い描いたストーリーをまとめていけるとよりスムーズにリフォーム会社との打合せも進める事ができます。

ただ、その中でもどのように考えればいいのか、どんな形が想像する暮らしに適しているのかイメージしきれないことも勿論出てきます。それも合わせてお話頂き、リフォーム会社と一緒に住まいづくりを進めていけると良い間取りプランへ近づけるのではないかと思います。

弊社においてもそんなお客様が描く理想の暮らしや課題のお話を伺えることをお待ちしております。

また、プロの知識をもってお力添えできればと存じますので、お気軽にお問い合わせ、お話をお聞かせくださいね。

この記事を書いた人
アバター
haco_admin